環境緑化工

斜面を植物の力によって安定化させるための工法です。人工的に植物を植え付ける工法や、自然の力を利用して環境に調和させた斜面をつくる工法までさまざまですが、名称のとおり時間が経過するごとに周辺環境に調和した斜面を造り出すことができます。

■植生基材吹付工

概要 植生基盤材(バーク堆肥等)に種子・肥料を混ぜて法面に吹き付けます。
特長 比較的土壌硬度が高い法面でも、人工的に植生基盤となるバーク堆肥等と種子・肥料を吹き付けることによって、法面を緑化することができます。

■客土吹付工

概要 客土に種子・肥料等を混ぜて法面に吹き付けます。
特長 比較的緩勾配な法面において、人工的な客土と種子・肥料を吹き付けることによって緑化します。

■種子吹付工

概要 種子に肥料や土壌改良材・浸食防止材等をまぜて法面に吹き付けます。
特長 比較的緩勾配で軟質な土壌の法面に施工します。
非常に安価で、施工性が良いのが特長です。

■植物誘導吹付工

概要 伐採木や抜根材を現場でチップ化し、それを特殊な薬剤と一緒に斜面に吹き付けます。
特長 植物の生育に適した床を作り、そこに飛んできた種子が育ち、自然の力で緑豊かな斜面を生み出す工法です。自然侵入促進工とも呼ばれ、周辺の自然環境の力で維持させるメリットがあります。
ページトップへ